• トップ
  • お問い合わせ

北限の海女(ほくげんのあま)

  • 北限の海女とは
  • 海女のコスチューム
  • 海女センターのご紹介
  • イベント情報
  • 小袖周辺マップ・アクセス

北限の海女とは

北限の海女

総延長180kmにも及ぶ陸中海岸国立公園。「北限の海女」は、その北部、久慈市の小袖海岸で活躍する海女たちの総称です。沖合は世界三大漁場の一つに数えられる漁場であり、サケをはじめ、マグロ、カツオ、サンマ、サバ、イカなどが多数水揚げされています。さらに、良質な海藻が育つ磯は、ウニ、アワビなど高級食材の宝庫になっていて、海女たちの格好の漁場になっています。伝統の漁法を今に伝える「北限の海女」は、今また全国から注目を集めています。

海女の誕生

海女のはじまりは明治初頭といわれています。遠洋漁業が発展する中で、男たちが何日も家を空けるようになると、女性たちも畑仕事の合間に海に出てアワビやワカメ、コンブを採り、換金するようになりました。子供たちも一緒に採るようになり、自然と潜水の技術を身につけて海女になっていきました。当時は「海女」の名はまだなく、「かつぎ」と呼ばれていました。

海女の誕生

「北限の海女」の名付け親

「北限の海女」の名付け親

久慈市の海女が有名になったのは昭和34年(1959)に放送のラジオドラマ「北限の海女」がきっかけでした。脚本家の故水木洋子さんは、「ひめゆりの塔」、「裸の大将」、「浮雲」など、数々の名作を生み出した方で、都会の女性と小袖の海女の出会いと生き方を描いたもので、当時の生活や地域の様子が描かれていました。

ひと息でウニ10個も!

素潜りの海女にとって、やっかいなのが海水温。三陸の海は冷たく、漁が終わる頃には体が冷え切ってしまいます。それだけに、素早い潜水が重要で、上手な人はひとかきで2mあまりも進み、獲物の多い10m以上の好ポイントまで一気に潜水します。そして10個ほどのウニを採りヤツカリに入れて浮上してきます。ただ、藻がからみつき身動きがとれなくなったり、ヤツカリが岩場に引っかかったりと危険も背中合わせの漁なのです。

ひと息でウニ10個も!